インテリア

知っておかないと損するかも?仙台市のリフォーム補助金を解説

こんにちは!阿部です。

住宅のリフォームの際、補助制度が適用されることがあります。制度にはいくつか種類がありますが、大体数万円〜数十万円ほどの補助金が交付されることが多いようです。

しかし、「個人住宅のリフォームで、本当に国や自治体の補助制度を利用することができるの?」と疑問に感じている方もいるかもしれません。また具体的にどんなリフォームに制度が適用されるのかとか、制度が適用される条件とか、わからないことはたくさんあるかと思います。

この記事では、上記のような疑問について、できるだけわかりやすく解説していきます。また記事の後半では、仙台市のリフォーム補助制度について1つ1つ詳しく解説します。

リフォームで補助金を受け取るためには事前の申し込みが必要です。リフォーム前にしっかりと補助制度について知り、後から後悔しないようにしておきましょう!

リフォーム補助金とは?どうして補助金が支給されるの?

マイホームをリフォームする際、条件を満たしていると国や自治体の補助制度を利用することができ、決して少なくない金額の補助を受けることが可能です。

しかしなぜ、個人の住宅に対して補助制度があるのでしょうか?公共の施設ならともかく、ちょっと不思議に感じる方もいらっしゃるかもしれません。リフォームの補助金には主に次の3種類のカテゴリがあります。

  • 耐震リフォーム
  • バリアフリーリフォーム
  • 省エネ・断熱リフォーム

それぞれの補助金がどういった目的で交付されるのか?順に説明していきましょう。

耐震リフォーム

建築技術や建材の性能の向上に伴い、新しく建造される住宅の耐震性は年々向上しています。しかし既存の住宅の中には、現在の基準で見ると地震に強いとは言えないものがあります。具体的には、昭和56年5月31日以前に建てられた木造住宅に、現在の耐震基準に達していない建物が多いようです。なぜかというと、建築基準法の耐震基準が昭和56年6月に大幅に引き上げられたためです。それ以前に建てられた地震に耐性のない建物を現在の耐震基準にまで引き上げ、地震に強い街を作っていくことが、耐震リフォーム補助制度の目的です。

耐震リフォームについては、こちらの記事でも詳しく解説しています。

【仙台市で耐震リフォームに適用される補助金制度は?わかりやすく解説します!】

バリアフリーリフォーム

高齢化に伴い、高齢者の在宅介護が必要な家庭が増加しています。最近新しく建てられた住宅では、段差のない引き戸や、楽に用をたせる洋式便所の設置は当たり前のこととなっていますが、既存の住宅ではそうでないものもあります。なので要介護・要支援の人でも暮らしやすい住宅にするために、バリアフリーリフォームに補助金が出ているわけですね。

省エネ・断熱リフォーム

既存の木造住宅の中には、断熱材が入っていない建物も存在しています。断熱性が低いと冷暖房のエネルギー効率が悪いだけでなく、健康のためにもあまりよくないということが最近の研究でわかってきています。壁や窓などのリフォームによって断熱性を高めることで、省エネに貢献しつつ住人の健康も保ちやすくなるというわけです。

お得にリフォームしよう!仙台市の補助金制度を解説

仙台市にお住まいの方が現在利用することのできる補助制度は、主に次の4つとなります。

  • 戸建木造住宅耐震改修工事補助金交付事業(耐震リフォーム)
  • 介護住宅改造費の助成制度(バリアフリーリフォーム)
  • 保険制度における住宅改修制度(バリアフリーリフォーム)
  • 熱エネルギー有効活用支援補助金(省エネ・断熱リフォーム)

もし住宅が適用対象になっているのであれば積極的に利用していきましょう。

4つの制度について順に詳しく解説していきますね。

戸建木造住宅耐震改修工事補助金交付事業

この制度は住宅の耐震性の向上のために、仙台市が用意しているものです。同じく仙台市が行っている「耐震診断」を受け、その結果耐震性が低いと診断された場合に補助金を申し込むことができます。

ですのでまずは耐震診断を受ける必要があります。以下の条件を満たしている住宅が耐震診断の対象になります。

  • 木造の個人住宅であること(構造がツーバイフォー構法・丸太組構法およびプレハブ構法の住宅や、用途がアパート、長屋の場合は対象外です)
  • 2階建て以下の建物であること
  • 昭和56年5月31日以前に建てられたものであること

耐震診断を受け、耐震性が低いと診断された場合、耐震工事費(125万円まで)の5分の4(最大100万円)までの補助を受けることができます。

耐震工事のおおまかな相場は、工事や住宅の規模にもよりますが、100〜150万円程度と言われています。ですからこの補助制度を受けることで、耐震リフォームにかかる費用の大部分を賄うことができる場合もあるでしょう。最大で100万円と受け取れる金額も大きいので、耐震リフォームをする際にはぜひこの制度を活用してくださいね。

詳しい申し込み方法は仙台市の公式ページでご確認ください。

仙台市:戸建木造住宅耐震改修工事

https://www.city.sendai.jp/kenchikubosai/kurashi/anzen/saigaitaisaku/jishintsunami/taisaku/kodate/koji/index.html

保険制度における住宅改修制度

要介護・要支援者が、家庭内で安全に暮らしたり、介護を受けたりするためのリフォームに対して適用されるのがこの制度です。

支給要件は以下の通りです。

  • 要介護・要支援被保険者が実際に住んでいる住宅の改修であること(住民票があること)
  • 要介護・要支援被保険者の身体の状態や、住宅の状況から必要であると認められること
  • 改修内容が支給対象となること

支給対象となるリフォームの内容は以下の通りです。

  • 手すりの取り付け
  • 段差の解消
  • 床または通路面の材料の変更(滑り止めなど)
  • 扉の取り替え
  • 便器の取り替え
  • 上記の改修に付帯する改修

改修費用の限度額は20万円で、改修にかかった費用の8〜9割の補助金を受け取ることができます。

補助金を受け取るためには事前申請が必要なのでご注意を。詳しい内容は仙台市の公式ページでご確認ください。

仙台市:介護保険制度における住宅改修制度の概要

http://www.city.sendai.jp/kaigohoken-kanri/kurashi/kenkotofukushi/korenokata/kaigohoken/jigyosha/kaishu/index.html

介護住宅改造費の助成制度

この制度は高齢者の日常生活を安全にかつ快適なものにするための制度です。次の項目にすべて当てはまる方が支給対象になります。

  • 世帯全員が65歳以上
  • 家族全員が所得税非課税
  • 市税の滞納がないこと
  • 要支援以上の認定を受けている方で、身体機能の低下などのために日常生活を営むのに支障があり、居宅の改造が必要な高齢の方

高齢者が日常生活を安全で快適なものにするために必要な工事全般に、この制度は適用されます。例を挙げると、

  • 手すりの取り付け
  • 床の段差解消
  • 和式便器から洋式便器への交換
  • 扉を引き戸に交換

このようなリフォームに対して制度が適用されます。

助成金額はリフォームにかかった費用の4分の3、最大で60万円です。補助を受ける際には事前に調査が必要ですので、リフォームをする前に申請をおこないましょう。詳細は仙台市の公式ページでご確認ください。

仙台市:住宅改造費の助成制度

http://www.city.sendai.jp/hokatsushien/kurashi/kenkotofukushi/korenokata/sumai/shiensedo/kaizohi.html

熱エネルギー有効活用支援補助金

この制度は、熱エネルギーの有効活用による省エネの推進や、停電時や気候変動時の適応力強化のために設けられた制度です。窓断熱改修または太陽熱利用システムなどのシステムに制度が適用されます。

主な補助対象は次の通りです。

  • 窓断熱改修
  • 太陽熱利用システム
  • 地中熱利用システム
  • 下水熱利用システム
  • エネファーム

窓断熱改修の際には、最大で建物一棟あたり10万円の補助金が交付されます。窓1箇所の改修に対して2千円〜2万円の補助金が発生し、窓1箇所あたりの補助金額は窓ガラスの大きさによって細かく決められています。詳細は仙台市の公式ページをご確認ください。

仙台市:Let’s熱活!補助金(熱エネルギー有効活用支援補助金)に係る申請

http://www.city.sendai.jp/ondanka/download/bunyabetsu/kankyo/kankyohozen/hojokin.html

熱利用システムやエネファームに対しては、以下の金額が交付されます。

  • 太陽熱利用システム:補助対象経費の1/10(最大で3万円〜12万円)
  • 地中熱利用システム:補助対象経費の1/5(最大で50万円)
  • 下水熱利用システム:補助対象経費の1/3(最大で400万円)
  • エネファーム:13万円/台(最大で26万円)

補助金を受け取るためには工事を始める前に申請書を提出する必要がありますのでご注意くださいね。

詳細は仙台市の公式ページをご確認ください。

仙台市:Let’s熱活!補助金(熱エネルギー有効活用支援補助金)に係る申請

http://www.city.sendai.jp/ondanka/download/bunyabetsu/kankyo/kankyohozen/hojokin.html

まとめ

この記事では、仙台市にお住まいのかたが受け取ることができる補助金について解説しました。リフォームの前に補助制度の適用対象であるかどうかを確認して、対象の制度があればリフォーム前に忘れず申請しましょう。

もし仙台市にお住みの方で、補助金を利用したリフォームをお考えでしたら、ぜひお気軽にnex株式会社へお問い合わせください。きめ細やかなヒアリングで、デザイン・性能・コストなどにこだわったリフォームのアイディアをご提案いたします。

現地調査・見積もり無料!

エクステリア、インテリア、不動産それぞれの部署にプロがいる会社です。

また店舗造形、家具もオーダーでお請けできます。

・他社の見積もりが高い気がする

・いつやるかまだ決まってない

・実家を建て替えるまで管理してほしい

そんなお問合せでもOKです。

まずはお気軽にお問合せください。

お問合せはこちら

コメントを残す

*

CAPTCHA