nex不動産事業部

根白石の旧跡を歩く

 こんにちは、nex不動産事業部です。ついに本日25日より4都府県に対して緊急事態宣言が発出され、我が宮城県も今月上旬から適用されていたまん延防止等重点措置が5月11日まで延長になりました。その影響で4月30日~5月2日に川崎町のみちのく杜の湖畔公園で開催予定だった大型野外ロックフェスティバル(ARABAKI ROCK FES.20×21)も2年続けての中止が決定するなど、状況が慌ただしくなってきております。今は人の密集を避け、これ以上の感染拡大を食い止めることが第一なので、残念ではありますがこれも仕方のないことなのでしょう。

 さっ、気を取り直して本日は根白石地区にある名所をご紹介いたします。

白石城跡

 根白石中学校の近くに小高い山があります。そこにはかつてお城が建っていたそうで、その名も白石城!・・・ですが、もちろん県南の白石市にあるほうではありません。同名の城がここ根白石にもあったのです(地名の由来については前回のブログで触れていますので、もしお知りになりたい場合はこちらをクリックください)。

 入口にはこのような立て札が設置されていました。

白石城跡説明書き

 古い本には”名所旧蹟”として次のような記載があります。

白石城趾

根白石にあり足利義量の時代黒川安藝守晴氏の弟 白石三河守の居城なりしと其のかまひ小なりと雖ども要害の地たり 今其の一部八幡神社の境内たり

 それほど大きくはないながらも守りの堅い城だった、と書かれています。周辺を歩くと東側と南側は断崖に近い急角度で、北側と西側にかけては高さ約1.5~2メートルくらいの土塁が積まれ、その外側には空堀が残っていたりと在りし日をうかがわせます。城主は国分氏の家臣(と思われる)白石三河守宗賴で、代々三河守を名乗りこの地を領有してきたそうです。伊達氏に服属後には白津氏を名乗って野村に移り住み、領地四百石を治めたとか。

 現在の城跡には宇佐八幡神社や三十三観音堂、そして伊達政宗の祖母にあたる栽松院のお墓などがあるというので、早速進んでみましょう。

宇佐八幡神社

鳥居正面

 立派な鳥居です。そして満開とはいきませんが桜がきれい。合間に椿の花も見えますね。

南側石段

 南側のなかなかに急な石段を進んでいくと・・・

宇佐八幡神社

 宇佐八幡神社の正面に着きました。祭神は応神天皇で、16~17世紀の創建といわれております。社殿の内部には宮殿造りの厨子に八幡三神が納められ、33年ごとに開帳されるそうです。

兎口(とぐち)神社

兎口神社

 隣にある社殿は「兎口(とぐち)神社」。第六天を祀っているそうです。その昔、疱瘡(天然痘)は第六天の仕業とされ、この神社で祈れば軽く済むと信じられたとか。そういえば伊達政宗の片目の失明の原因は天然痘だったとされていますが、何か関連があるのでしょうか?

栽松院(さいしょういん)の墓

栽松院のお墓
栽松院の墓と三十三観音説明書き

 栽松院は伊達晴宗(政宗の祖父)の妻で久保姫と呼ばれ、天正5(1577)年に晴宗が現在の福島県庁所在地である杉妻(すぎのめ)城で没したのちに出家し、栽松院と名乗ったそうです。政宗が岩出山に城を移した天正19(1591)年にここ根白石にある白石城に移り住み、3年後に74歳で亡くなったとされています。当時の平均寿命からすればかなり長生きされたのではないでしょうか。

 ちなみに、かつて墓石の両脇には杉の木が2本あったらしいのですが、昭和27(1952)年に借金のカタに伐られてしまったそうです。。。

三十三観音堂

三十三観音堂
お堂の中

 先ほどの栽松院のお墓のすぐ隣にあります。西国三十三観音を浮き彫りにしたもので、栽松院の供養のために作られたと立て札の説明書きにありますが、実際のところはどうも西国三十三所巡りの代用目的で作られたものと考えられているようです。

黒川季氏(すえうじ)の墓

黒川氏十一世季氏の墓

 西のはずれにポツンと立っているのが印象的な墓碑です。黒川氏は大崎氏の一族で、室町時代から戦国時代にかけて黒川郡を領有していたので黒川氏を名乗りました。政宗に服属した後に十世の義康が一千石を治めましたが、子供がいないまま亡くなったため領地を没収されそうになります。これを義康の甥を養子とすることで逃れようとしましたが、結局認められませんでした。この甥が季氏(すえうじ)です。白石氏の親戚でもあったので、没後に片隅ではありますが白石城に葬られたそうです。

 ところで、右端の真新しい標柱によると「黒川氏十一世季氏の墓」とあるので、見出しも内容も黒川季氏のものとしましたが、墓石のすぐ傍にある標柱によれば【白石城跡】の項で触れた「白石三河守宗賴之墓」となっており、どちらのお墓か判りかねる部分が大きいです。ここまで書いておいて何なんですが笑

まとめ

 今回は白石城跡にある旧跡を見て回りました。冒頭の画像は八幡神社の境内の写真でして、お花見スポットとしても有名なのですが、今年は残念ながらまん延防止等重点措置の影響で境内のあちらこちらに「お花見禁止」の札が立っていました。来年になればきっと綺麗な桜の木々の下でお花見ができるようになると信じましょう。

 場所はこちらです。それでは!

コメントを残す

*

CAPTCHA