インテリア

キッチンリフォームの注意点!どんな点に注意するべきなのか解説します

こんにちは!阿部です。

最近、某有名企業のショールームを見学してきたのですが、キッチンの進化にあっけにとられていました。実家で使っていたキッチンとは大違い!収納の仕方や表面のセラミックコート仕上げなど便利な機能が盛りだくさんでした。

そんな機能が充実したキッチンにリフォームしたいとなった時、メリットばかりに気を取られてしまうと失敗する可能性があるんです。

キッチンリフォームで失敗する事例は数多くあります。高い金額を払って失敗したなんて絶対避けたいですよね。同じ轍を踏まないようにするためにも注意しておくポイントは知っておきたいところです。

キッチンリフォームの注意点を一挙解説します

そこで、今回はキッチンリフォームの注意したいポイントを解説していきたいと思います。

キッチンは家族のコミュニケーションの場でもあるので、調理のしやすさや移動のしやすさ、収納スペースの確保など押さえたいポイントがたくさんあります。デザインや機能ばかりに気を取られていると失敗しやすいので、十分に注意しなければいけません。

詳しく解説していきますので、参考にしてみてください。

十分な広さの調理スペースを確保する

キッチンリフォームを行う時に注意しておきたいのは、十分な広さの調理スペースを確保することです。

キッチンで調理するにあたって、十分な広さを確保することはとても重要です。スペースが広いほど調理しやすくなりますし、それだけキッチンに立つ人が増えても問題なく調理できるでしょう。

もちろんスペースを確保する時は、様々な調理器具を置いたり、料理を盛り付けるお皿を置いたりした時を想定する必要性もあります。調理のしやすさは利便性の高さに直結するため、スペースを無視しないようにしましょう。

キッチンは大きくすればいいというものではない

広いキッチンに憧れたことがある人もいるかもしれませんが、キッチンは広ければいいというものではありません。

何故なら、キッチンが広い分だけ移動する距離が長くなるからです。

冷蔵庫や食器棚、収納スペースなど、キッチンが広くなると配置場所によっては距離が遠くなるので移動する距離が増えてしまいます。距離が増える分だけ動くので疲れやすくなりますし、調理のしやすさにも大いに影響してきます。

それぞれの場所への距離感は非常に重要なので、キッチンリフォームを行う時はキッチン全体のレイアウトや導線を考慮して決めていきましょう。

なお、コンロからシンクの距離は120㎝~180㎝、シンクから冷蔵庫の距離は120㎝~210㎝、冷蔵庫からコンロの距離は120㎝~270㎝がちょうどいい距離間だと言われているので、キッチンリフォームを行う時の参考にしてみてください。

現状のキッチンで困っていることの解決を優先する

キッチンリフォームで重要なのは、現在使っているキッチンで困っていることを解決することです。何に困っているのか、どんな機能を追加したいのか、何を実現したいのかを決めていかないと、漠然とした計画でリフォームが成功することはありません。

あれもこれもと理想的なキッチンにしようとすると予算の問題が出てくるので、これだけは絶対に譲れないと思うことの優先順位を決めるのが得策です。

キッチンリフォームの際に注意しておきたいのは、現在のキッチンで気に入っている部分を残すことと予算をオーバーしそうになったら優先順位が低いものから順番に諦めるかグレードを落とすことです。

現在のキッチンで気に入っているところを変えてしまうというのは実にもったいないので、リフォーム業者にしっかりと説明しましょう。また、諦めたりグレードを落としたりするなど、時には妥協する必要性があることも覚えておきましょう。

キッチンの使用感を優先する

調理する上で使いやすいキッチンは何よりも重要です。

調理台やカウンターの高さは低すぎても高すぎてもダメなので、ショールームなどで実際に理想に近いキッチンの使用感を確かめるのがおすすめです。実際にキッチンに立ってみてちょうどいい高さなのか、キッチンの調理スペースが確保できるか、それぞれの場所への移動距離など様々な点からじっくりと調べていきましょう。

収納スペースは使いやすいところに設置する

キッチンの収納スペースは多いに越したことはないと思うかもしれませんが、使いやすいところに設置しないと意味がありません。収納スペースがたくさんあっても使いにくい場所に設置してしまうと、それだけ調理器具などを取り出すのが面倒になります。

特に普段から使っているものと使う回数が少ないものをどこにしまうかによって、利便性が左右されるでしょう。

まとめ

キッチンリフォームはデザインばかりを気にして実装する人もいるかもしれませんが、実際はデザインよりも使いやすさを重要視した方が良いでしょう。調理スペースやキッチン全体のレイアウト、それぞれの場所への距離感など、使いやすさを求めたキッチンにするには様々な試行錯誤が必要です。

キッチンは家族のコミュニケーションの場でもあるので、使いやすさを確保した上でデザインを決めると良いでしょう。

キッチンリフォームに失敗しないためにも、上述した注意点を踏まえた上でしっかりと計画を立てることが大切です。もしもキッチンリフォームで分からないところなどがあれば、nexにお問い合わせください。あなたにピッタリのキッチンをご提案致します。

宮城県全域施工可能です。ナンバーワンのキッチンよりもオンリーワンのキッチンをお客様にご提供でようにお手伝いさせて頂きます。

現地調査・見積もり無料!

エクステリア、インテリア、不動産それぞれの部署にプロがいる会社です。

また店舗造形、家具もオーダーでお請けできます。

・他社の見積もりが高い気がする

・いつやるかまだ決まってない

・実家を建て替えるまで管理してほしい

そんなお問合せでもOKです。

まずはお気軽にお問合せください。

お問合せはこちら

コメントを残す

*

CAPTCHA