エクステリア

カーポート選びに失敗したくないあなたへ!失敗例と正しい選び方のコツ4つを解説

こんにちは!阿部です。

新築を建てた後、カーポートを建てるかどうか悩まれる方多いのではないでしょうか?

車を止める場所があれば駐車場としては成り立ちますし、家計の負担になるかもしれないと考えると「たてなくてもいいかな」となっても仕方ないと思います。

では、なぜカーポートを建てる人が多いのでしょうか?

それは、やはりメリットがたくさんあるからです。

カーポートは、陽当りや風通しはあるのに、雨や雪、紫外線などから車を守ってくれます。壁がない分、ガードは緩いのですが、デザイン性が高く開放感があります。また、簡易的な構造ですから、比較的安価で狭いスペースでも設置できます。

ですが、選び方に失敗してストレスの原因になってしまうようでは、せっかくのカーポートが台無しです。

そんな失敗がなくなるように、ここでは、信頼できる外構・エクステリアの施工業者にしっかり要望を伝えるため、カーポート設置の失敗例と失敗しない選び方のコツを解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

カーポートについて知っておいてほしいこと 

まずは、カーポートについて基本的なことを見ていきましょう。

カーポートの機能と種類

最新のカーポートは意匠に富んだものが多く、建物や外構の全体的な印象を引き立ててくれるレベルにまで達しています。色やデザインが豊富に取り揃えられていて、ファサード(建物正面の外観)の役割も担うルーフは特に多種多彩です。

建物や玄関、アプローチと一体感を持たせれば、雨や雪の日でも、濡れずに玄関から車にたどり着けます。

次に、カーポートの大まかな種類についてです。

  • 駐車台数は1台から3台が一般的で2台用が主流
  • 柱を立てる位置は片側・両側・後方の3タイプ
  • 車を並列させるか縦列させるかで大別
  • ルーフの形状は様々でフラット型・M型・Y型等がある

カーポートは今、各メーカーが競うように様々な製品を発売していますから、カタログやWebでチェックしておきましょう。

カーポートのメリットデメリット  

カーポートのメリットデメリットをまとめてみました。

まず、メリットです。

  • 雨の日に濡れずに車の乗り降りができる
  • 車が汚れにくく暑さも軽減される
  • 車の雪下ろしの手間が省ける
  • 施工費用が安く施工期間も短い
  • 敷地に合わせやすい

次に、デメリット。

  • 雨・雪が吹き込む場合がある
  • 台風対策が必要
  • 防犯性は低い

カーポート選びには、以上のようなメリットデメリットをしっかり把握しておくことも大切ですね。

カーポートは建築物なのか  

「カーポートは三方を壁で囲まれてないから、建築物じゃないよね」

そう思われている方が多いようですが、建築基本法や都市計画法の建築物に該当します。

強度の安全性が求められ、建ぺい率にも関わってくるので、しっかり届け出を出して申請しておく必要があるのです。また、火災・地震保険の対象にもなります。

ちょっと面倒な感じですが、信頼できる施工業者なら、きちんとアドバイスしてくれるでしょう。

価格やコストの安さだけを求めず、法令を遵守できる施工業者を選ぶことが、実は失敗しないカーポート設置の大きなポイントの一つなのです。

カーポート設置の失敗例と失敗しない選び方のコツ4選

ここからは体験談を基に失敗例と失敗しない選び方のコツを解説していきます。

失敗例1:カーポートの幅・奥行き・高さを見誤った

この失敗例は業者とのやりとりがうまくいっていなかったために起きる失敗といえるでしょう。

カーポートには規格サイズが設定されてあり、幅・奥行き・高さはある程度決まっています。

ですが、車のサイズや作業スペースを考慮しておらず、せっかくのカーポートが不便のもとになってしまったという事例は少なくありません。

そうならないために、愛車のサイズを確認するのはもちろんのこと、カーポート内でどのような作業をするか、乗り降りの状況を考えて選ぶようにしましょう。

例としてYKKAPのジーポートneoシリーズが用意しているサイズを記載しておきますので、参考にしてみてください。

駐車台数1台用1台用(ゆとり)2台用2台用2台用(ゆとり)
奥行きー幅55-3055-3655-4855-5555-60
60-3060-3660-4860-5560-60

失敗例2:屋根や柱が雪の重さや風の強さに耐えられず壊れてしまった。

この失敗例は業者側の提案がダメだったといえます。

ただ、家主であるあなたが把握しているだけで未然に防ぐことができるため理解しておくことをオススメします。

台風のような災害が原因による損害であれば火災保険が適用できますが、その他の事例の場合適用できないことがあります。

そうなっては、せっかくのカーポートがもったいないですし、もう一度建てるとなるとまたお金をかけなくてはならなくなります。そんなことにはしたくないですよね。

ほとんどのカーポートには耐風圧、耐雪基準がカタログに記載されてあります。あなたの地域にあったカーポートを建てるため、確認は怠らないようにしましょう。

不安な場合は業者スタッフに確認してみてください。スタッフ自ら言わなかったとしても、聞けばしっかり答えてくれると思いますよ。

失敗例3:隣家のすぐ隣に建てたためにカーポート上の雪が隣地に入ってしまい、隣人トラブルに発展してしまった。

こちらの失敗例はカーポートの特性を理解していなかったためにおきたことと言えるでしょう。

1台用カーポートの場合ほとんどが片側柱になっており、そのほとんどが柱側が低くなるよう傾斜が付いています。

柱を隣地すぐの場所に配置してカーポートを立てれば、おのずと雪が落ちたとき隣地に入ってしますのは避けられませんよね。それで隣人とトラブルになってしまうのはストレスが溜まりますし、避けたいですよね。

そんな時は、傾斜の向きを変えてあげればいいんです。

カーポートの種類にもよりますが、柱側を高くするオプションがあります。

また、柱を立てる位置を内側にずらしたり、種類は少ないですが柱をつける位置を後ろにするオプションがあるものもありますのでそちらを利用してみることをオススメします。

2台用の場合は柱が両端にあるため、ある程度融通が利きます。

いろんなカーポートを見比べてトラブルが起こらないように配慮したカーポート設置を心掛けましょう。

失敗例4:日当たりの悪さや夜の光の少なさのせいで暗い印象になってしまった。

こちらは屋根を選ぶ際にきをつけなくてはならない点です。

当然ですが、メーカーによってさまざまな屋根材があり、カーポートの種類によっても使用できる屋根材は変わってきます。

紫外線を通さず、日差しを抑制するポリカ―ボネートが主流ですが、最近では、日差しも全く通さないアルミ材の屋根も多く出ています。ポリカーボネートの屋根でも色によってはかなり遮るものもあったりします。

日差しをあまり遮りたくない場合は、明るい色の屋根を選ぶなど工夫をすることが大事になります。

また、夜間の暗さをより際経たせる原因になってしまうことがあります。

夜間に暗い印象を持たれてしまうと防犯性が低くなってしまいます。

そうならない為にも、オプションでライトをつけることをオススメします。

家族が安心して楽しく過ごせるように配慮して、カーポートを建てましょう。

カーポートの3大メーカーを比較してわかること  

カーポート人気が右肩上がりで、メーカーやブランドが急増し選択肢が大幅に増えました。どこのどういう製品がいいのか、選ぶのに苦労している方が多いようです。

ここでは、カーポート選びの切り口として、カーポートの3大メーカーの特徴を比較してみました。

カーポート選びは種類豊富なLIXILから始めよう  

LIXILは、日本を代表する住宅設備のトップブランドですが、カーポートについてもシェアは50%以上とされています。

全540ページのカーポートカテゴリーのWebカタログは、カーポートに詳しくなりたい方には、一見の価値があるでしょう。カーポートのデザインやスタイル、サイズが豊富で、規格・材質・色のラインナップは他を圧倒しています。

ただ、LIXILは、日本のカーポートのスタンダードを目指しているそうで、デザインの独創性が乏しく、価格は高めという声もあります。

下のURLよりLIXILのカーポート商品をみることができます。

LIXIL商品を見たい方はこちら!

デザイン性重視なら三協アルミのカーポート  

三協アルミのカーポートの口コミで多いのが、「かっこいい」です。

斬新なデザインで、少しだけですが柱を移動できるニューマイリッシュシリーズ。強健な柱とルーフを上吊りしたスタイリッシュなダブルフェースやフォーグのシリーズは根強い人気があります。

カーポートのデザイン性を重視したいなら、三協アルミは必見ですね。

三協アルミの商品を見たい方はこちら!

YKKAPカーポートはコストパフォーマンスが優秀  

YKKAPカーポートの口コミ評判で多いのは、カーポートの3大メーカーでありながら、価格にお手頃感があるというものです。

だからといって、見た目が安っぽいとか耐久性が劣るとかではありません。

例えば、一番人気で定番のレイナポートグランシリーズは、ルーフの高さを風雨の吹込みの少ない2m柱を標準にしていて、猛烈な雨にも負けない雨どいや雨受けは清掃もしやすい設計となっています。

使いやすくて高性能、細やかな配慮があるのに、コストパフォーマンスの良いところが売りなのです。

YKKAPの商品を見たい方はこちら!

以上、3つのメーカーの特徴をざっくり紹介しました。

まず、LIXILで我が家にマッチしそうなカーポートを探してみて、デザイン性やコストパフォーマンスがイマイチと感じたら、三協アルミやYKKAPを検討してみましょう。

まとめ

失敗しないカーポート設置とカーポートの選び方についてのポイントを解説してきました。

いろいろ検討しているうちに、優先順位が分からなくなった時には、信頼と実績のある外構・エクステリア業者に相談してみることをおすすめします。

nexでもお客様のご相談受け付けていますのでお気軽にお問い合わせください。

カーポート以外の記事もありますので、気になったらみてくださいね。

エクステリア記事はこちらから

それでは

現地調査・見積もり無料!

エクステリア、インテリア、不動産それぞれの部署にプロがいる会社です。

また店舗造形、家具もオーダーでお請けできます。

・他社の見積もりが高い気がする

・いつやるかまだ決まってない

・実家を建て替えるまで管理してほしい

そんなお問合せでもOKです。

まずはお気軽にお問合せください。

お問合せはこちら

コメントを残す

*

CAPTCHA